漢方とハーブのお店 なつめや

漢方薬について

生薬

漢方薬について

漢方薬は効果が現れるのに時間がかかる、漢方薬は高価で、というネガティブなイメージが
ある一方、自然のものから作られているから副作用が出にくい、作用が穏やかで安心、と
言った声も聞かれます。
1、身体に対する作用の時間
「効果」というと一時的な身体の変化のように見えますが、実際には漢方薬は「症状」の
変化ではなく「身体の質」を変化させていくものです。身体の中の気・血・水のバランスを
整えることで身体の表面に現れている症状にも変化が生じてきます。
例えば「風邪を治したい」というのと「風邪をひいているし、風邪をひきやすく治りにくい」
では単純な「風邪を治したい」という表面に現れている症状(標)を緩和するのか
「風邪をひきやすい、治りにくい体質」という本来の体質(本)を改善するのかでは
求めるものが異なります。
表面に現れている症状(標)とその症状を引き起こしている体質(本)の改善を
していくのが漢方薬となります。

実際には漢方薬で効果が現れるのに時間がかかる方もいればそうでない方もいます。
この差は実際には漢方薬の選択、生活内容、食事など様々な要因が関係します。
例えば漢方薬だけ飲んでいれば冷えが改善できるか?といえば冷たい飲食は控えたり、
衣服を気をつけて頂いたり、運動が不足しているようなら運動指導もすることがあります。
「養生」をいう日々の生活・食事・運動の積み重ねが漢方薬の効果に大きく左右します。
なつめやでは漢方薬をお飲みいただく方にはその方にあった「養生」もアドバイスさせて
頂いています。

2、費用について
漢方薬は保険がききません。しかし実際に漢方薬に使われる生薬は品質の確かなものを
厳選して選んでおります。漢方薬に使われる生薬は2〜3年栽培され、農薬なども厳しく
制限され、栽培された畑などはその後連作ができないため、生薬そのものの価値が
高価になります。また、カウンセリングをした上で漢方薬をお作りすまでに1時間〜1時間半
ほどお時間を頂きます。保険でまかなえる漢方薬と比べてしまうと高価なものになりますが
カウンセリングの時間、漢方薬の品質など、ご納得いただけるよう努力してまいります。
【漢方薬の費用の目安】
・漢方薬は煎じ薬(煮出して飲むタイプ)と粉薬のタイプがあります。
煎じ薬は1日350円〜600円(税抜き)で1ヶ月の目安は1万円〜2万円と
なります。基本的には身体の状態によりますが、ご予算になるべく添えるように
します。

・粉薬は1日300円〜500円のものが多くなります。こちらも煎じ薬同様
基本的には身体の状態によりますが、なるべくご予算に添えるようにします。
すべて、カウンセリング料金が含まれての金額となります。

3、副作用について
漢方薬でも副作用が出ることがあります。すべての薬に副作用の可能性がない、とは
言えません。特に漢方薬は「体質」に合わせて選ぶことが大切です。
症状、病名で選ぶものではないとされています。
そのためにも、時間をかけて、細かいカウンセリングをさせていただいております。

【漢方薬をお渡しするまで】
(1)ご予約→(2)来店・カウンセリング 1時間〜1時間半→
(3)漢方薬のご用意・説明30分
2回目の以降の来店時ではカウンセリングを含んで薬をお渡しするまでに1時間
ほどお時間をいただきます。

☆女性の身体と漢方薬