漢方とハーブのお店 なつめや

春の養生

春季は万物の発生のはじまりで、陽気が発生する季節でもあります。
春は植物を発芽させたり、草木の成長を盛んにし、枝や葉が天高く伸びていく時期。
また動物も冬眠から目覚める季節です。春は様々な生き物を活動的にさせます。
同様に、人間の身体も春になると冬の間に眠っていた体が目覚めるように
新陳代謝が活発になり、体内に溜まった老廃物が外に出てきて、吹き出物や肌荒れ、
口内炎などが起こり易くなります。
食養生においては、脂っこい物の摂取は少なめにするよう心がけ、
冬の間保養していた熱や気を、少しづつ体外へ発散させるよう心掛け、
適度にデトックスをしていく準備を始めていきます。春になり温かくなると、
気分も陽気になり、なんとなく落ち着かなくなってきたりします。
『気』というものが上昇しやすい一方で、『気』が足りないと
抑うつ感が出やすくなります。
中医学では春の影響を一番受けやすい臓器は「肝」と考えています。
中医学では、肝は「胆・目・筋・爪・怒・酸・青」と深い関係があり、
疏泄(そせつ:気や血の流れをスムーズにし、消化活動を促進させること)と
蔵血(ぞうけつ、血液を貯蔵し、血液量の調節すること)を主ると考えられています。
肝や胆に異常が生じると、疲れやすくなったり、眼精疲労、爪の軟化、肩こり、足の攣り、
精神不安定等が起こります。

『肝』は西洋医学的な解毒の作用ももちろんありますから、お酒の飲み過ぎは
『肝』に負担をかけてしまうこともあります。

『肝』の働きを助け、肝気を落ち着かせてくれる食材をうまく取り入れてみてくださいね。
とくに・イライラして怒りっぽい・口が渇く・口が苦い・耳鳴り・目が赤い・顔が赤い
・よく眠れない、という人には
★
蕎麦、あわ、小麦、豆腐、セリ、セロリ、三つ葉、白菜、キュウリ、トマト、ごぼう、キウイフルーツ、あさり、ハマグリ、牡蠣、春菊、菊花、茶葉、薄荷、葛(くず粉) など。
春のハマグリのお吸い物などは美味しく感じますが、こうやって薬膳的な視点を持つことで
味わいも変わりますね。

また、
☆春の野菜にはふきのとう、タラの芽、ウド、セリ、フキ、菜の花、タケノコなど
苦みがあるものが多いのですが、苦み成分は冬の間活動が停止していた胃腸の動きを刺激し、
身体に溜め込んでしまった老廃物を排出してくれる作用があります。 中医学では苦味は余分な熱を
取り解毒する働きがあるとされています。

2016-02-28 12.59.56
七草の湯の「くるみの蕗味噌」
フキノトウは体を冷やしやすいので、くるみや生姜などを加えて
冷やす性質を緩和させています。
ほろ苦いふきの香り・味とくるみのまろやかな甘みが美味しいです

このような食養生の話や、実際にオススメの食材を用いて作っていただく
薬膳ご飯を召し上がっていただく講座をしております。
ご興味のある方は『薬膳』をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です